所在地

リンクヘルスケア株式会社(日本)

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-16-3 6F

クリニジェン株式会社(日本)

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-16-3 6F


クリニジェン株式会社(日本)

日本での新規事業展開の為、2016年4月クリニジェン株式会社設立

新規事業開始として”抗ウイルス化学療法剤「点滴静注用 ホスカビル注24mg/mL」”の製造販売をノーベルファーマ株式会社からクリニジェン株式会社に承継

クリニジェン株式会社はこの承継を機に日本の医薬品市場に新規参入し、医療用医薬品分野で医療と健康に貢献します。

Clinigen Group plcが掲げる「Right medicine. Right patient. Right time」という企業理念のもと、スペシャリティ医薬品企業として、患者様や医療従事者の皆様へ必要不可欠な医薬品をいち早くお届けすることが使命であると考えています。
日々、病気と闘う患者様と向き合いながら、医療現場と二人三脚で問題解決に取り組み、真に必要な医薬品を提供し、希少疾患やオンコロジー領域を中心に展開していくスペシャリティ医薬品企業として、患者様の声や医療現場のニーズに真摯に耳を傾けながら、本当に待ち望んでいる方へ、本当に必要な医薬品を届けるため、「困ったときは、クリニジェン」、 そう思っていただける、“求められる企業”になることが、私たちの切なる願いです。そのためにも、医療現場に寄り添い、共に歩みながら、問題解決をしていきたいと考えています。
私たちが目指すのは、「本当に困っている患者さんに、たとえ少量でも、本当に必要な医薬品を供給し続けていく」ということです。

リンクヘルスケア株式会社(日本)

日本において、医師の皆様への未承認医薬品・医療機器の供給実績が10年以上あります。
2016年にClinigenグループの一員となり、さらなるグローバルネットワークを確立し、日本の未承認薬ビジネスのリーディングカンパニーとして取り組んでいます。
実績:医師数 4,624名 施設数 3,563施設、その他の取引先:防衛省、サッカー協会、保健所など

リンクヘルスケアは国内の医薬品アクセスギャップの解消に取り組んでいます。日本の医療は世界でも大変高い水準を保っています。しかしながら、欧米にて開発され承認となった医薬品(新薬)・医療機器へのアクセス、または適応外使用が欧米諸国に比べ制限されている状況です。
リンクヘルスケアは、欧米で承認となっているものの、国内では未承認、または適応外使用となる医薬品・医療機器を、医師の皆様が「医師個人輸入」にて輸入する際に、薬剤の調査から供給・薬事申請・物流の対応等のサポートを行っております。
国内において「ネイムド・ペイシェント・サプライ」および「アーリー・アクセス・プログラム」を行う唯一の企業として、法令順守に基づき、医師の皆様が必要とする医薬品・医療機器を欧米より敏速かつ安全に、調達・供給することをコアビジネスとしております。
医師の皆様がより安全・安心に、未承認または適応外使用となる医薬品・医療機器へアクセスできますよう
取り組んでいます。